人材紹介サイトの利用

手軽な食事

看護師の就業状況で多くの人が認識している事の一つに、絶対数の不足がある。それを後押しする要因に離職率の高さがある。
多くの女性の憧れの職業に位置する看護師。それなのに、なぜ離職率が高いのか。
女性特有の離職理由もあるが、第一に考えられる事実として、就労環境の不健全性がよくあげられる。まさに理想と現実が違うといった所だ。
しかし、求人需要は間違いなく高い。看護師でなければできない仕事やコンプライアンス上の問題が、医療福祉業界には多いに有る。
福祉業界の一例をあげるならば、福祉、介護事業において施設人員資格の看護職員に該当する。つまり、この有資格者がいなければ、基本的に施設運営が禁止されている。
この事実だけでも、存在意義は極めて高く、転職市場においても非常に有利である。

医療福祉業界に限らず、転職する際には自分が何をしたいのかが重要になる。特に看護師においては、大きく分けて医療なのか福祉、介護なのかで大きく職務内容が変わる。
まず絶対的に、医療と福祉および介護は住み分けがしっかりとされている事だ。医療で許される業務が、福祉介護業界では禁止行為だったりする。
当然の事だ。しかし同じ資格者で有る事に偽りは無い。
つまり、求人フィールドは多様性があり求人媒体も求人数も困る事は無いだろう。しかし、向かう業界が違うだけで職務内容には大きな違いがある。
ここにはやりがいと言う、大きなモチベーションの材料になる因子が存在する。しかし、どの業界でも看護師の職務は有り難く、感謝される。
自分が、どんな風に患者と、利用者と向き合い接して行きたいのかを熟慮する必要がある。看護師の転職市場は、現在も未来もホットな市場である事は間違いない。
だからこそ、時間を掛けて転職先を決めてほしい。